歯科衛生士の仕事について

健やかな笑顔で過ごす人生を、歯の健康づくりで支える歯科医療の現場に欠かせないスペシャリストです。

歯科衛生士の主な仕事は、歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導の三つです。


むし歯と歯周病を予防し、口腔内の健康を守る「歯科予防処置」

医科の分野では病気の予防が重要視されています。歯科でも「歯科予防処置」として、口腔内の病気を予防するための医療処置が行われています。主な内容は、フッ素などの薬品の塗布や、歯垢や歯石など口腔内の汚れの除去です。これらは医療技術であり、歯科医師のほかに許可されているのは歯科衛生士だけです。


診療が円滑にできるように、医師をサポートする「歯科診療補助」

歯科では、歯科医師を中心とする「チーム医療」が行われています。歯科衛生士は、歯科医師が円滑に診療できるように診療の補助を行います。診療器具の準備・滅菌・管理、歯型採取、X線撮影の介助なども含まれます。業務内容は病院によって異なり、なかにはカルテ管理など経営に関することを行う場合もあります。歯科医療の高度化・細分化にともない、歯科衛生士には幅広い知識と技術の習得が求められています。


予防のための健康指導や訪問口腔ケアを行う「歯科保健指導」

むし歯や歯周病は生活習慣病なので、生活習慣や適切なセルフケアによって予防することが大切です。そこで、歯磨き指導を中心にそれぞれに合ったセルフケア方法を指導します。
学校や保健所、保健センターなどでの口腔内の衛生に関する相談や保険指導を行うこともあります。また、要介護者等に対しての訪問口腔ケアや摂食・嚥下機能訓練なども含まれます。

歯科衛生士の魅力について

1. 患者さんから「ありがとう」と言われる仕事

直接的な処置を行えるため、患者さんとのふれあいが多く、直接「ありがとう」と言ってもらえるやりがいのある仕事です。
また、近年院内で歯科医師の補助をするだけでなく、院外に訪問診療に出かけたり、子どもへの歯磨き指導をするなど、歯科衛生士の活躍の場は増えています。


2. 需要が高く、就職しやすい

歯科衛生士は慢性的な人材不足に陥っています。
そのため、需要が高く、多くの歯科医院で歯科衛生士の採用を行っています。
現在は、歯科医院の数はコンビニの軒数よりも多いため、色々な医院の中から自分にあった医院を探すことができることは、歯科衛生士になるメリットです。


3. 専門職で高収入

国家資格を有する専門的職業であるため、歯科助手や一般の事務職と比べると当然高収入です。正職員のみならず、パートなどの時間給制で比較しても前述した職業より高収入だと言えます。


4. ライフスタイルに合わせて勤務時間を調整しやすい

フルタイムはもちろん、パートタイムの時間調整ができる医院が増えています。
子どもが学校に行っている時間帯のみ働いたり、午前中、または午後のみといった就労時間を相談できる医院が増えています。
勤務時間が安定し、時間外に呼び出し等がないため、決まった日や時間に休みも取れ、プライベート時間を楽しむことができます。


5. 女性の特徴を生かし、永く勤務できる

子どもの歯磨き指導など、女性の方が向いているシーンの多い仕事です。また、結婚・出産・育児など、多様に変わる女性のライフステージに合わせた働き方のできる仕事です。

登録衛生士支援事業

歯科衛生士復職支援センターでは、
知識向上や技術指導のためのイベントを定期的に開催しています。

令和元年9月8日(日)
復職支援講習会
イベント詳細はこちら

就職マッチングサポート

歯科衛生士として就職・復職したい方のための就職マッチングサービスです。

pagetop